【スケートボードのトラックの取り付け方】初心者向けに説明します

デッキやトラックを新しく購入した時、頼めば店員さんが取り付けをしてくれます。

店員さんに頼むと楽なんですが、自分でできると何かと便利です。

難しいイメージがあるスケートボードの組み立てですが、やり方がわかれば簡単にできます!

スポンサーリンク

トラックの取り付け方

準備する道具

必要なもの
  • デッキ
  • トラック
  • ビスのセット
  • スケートツール(ドライバー・六角レンチ・スパナで代用可能)
  • 軍手

軍手は怪我防止です。

スケートボード専用ツールがなくても日曜大工の工具で代用可能

トラックの向きについて

トラックには向きがあります。

キングピンナットが付いている方が内側です

間違ってつけてしまうと、なまら滑れないです。

確認して取り付けましょう。

ビスをデッキに差す

デッキテープの貼っている面からビスを差します。

デッキテープには穴が開いていないので、爪楊枝なんかを裏の穴から刺します

するとデッキテープに4か所印が付くので、印を目印にビスをひとおもいに押し込んでください。

1度ビスを抜き、ビスについたゴミを掃除します。

トラックを取り付ける

トラックをビスに取り付けます。

この時にトラックの向きに注意してください。

ナットで止める

プラスドライバーでビスを固定。

レンチでナットを絞めます。

ビスが六角の場合は六角レンチで固定しましょう。

ビスを早く絞めるコツ

左手でドライバーを使いビスを固定
右手を使い、ナットでレンチで絞める

デッキテープからビスが飛び出ていると滑走時に気になるので、まっ平になるまでナットを絞めてください。

おわりに

手順がわかれば簡単に作業できます。

自分で組み立てると愛着がわきますし、ギアのトラブルにも強くなります。

以上カワムラでした~

タイトルとURLをコピーしました