【スケートボードデッキの選び方】初心者でもわかりやすく説明します

スケートボードでは、板のことをデッキと呼びます

スケートボードの中で最も種類が多く、選ぶのが楽しいパーツです。

数が多すぎて何を選んでよいのか悩んでしまうと思うので、デッキの特徴を書いていきます。

参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

デッキのサイズ

デッキ幅のサイズで乗り味が変わります

サイズおすすめの人乗った感想
7.5以下小学生・フリースタイル軽い・ランプでは不安定
7.5~7.75フリップ・ショービットが好きフラットトリックが楽しい
7.8なんでもするスケーターザ・オールラウンド
8~8.25ランプ・ボウルスケーターランプが楽しい
8.25以上デカいボウル・バーチカルめっちゃ安定
個人の感想です
7.5インチの細いデッキの特徴

軽いので、女性・キッズでも扱いやすい
フリップ・ショービットがしやすい
ランプ・ボウルの安定感は低い

8.25インチの太いデッキの特徴

スピードを出しても安定する
ランプ・ボウルで使いやすい
クルーザーにもおすすめ
フリップ・ショービットはしずらい

7.6~8インチはオールラウンドに使えます。

ハイスピードでダウンヒルをする「オットコマエ」なスケーター向けに、8.3や8.5インチなんで太いデッキもあります。

キックについて

デッキの前側はノーズ
後ろ側はテール
反り上がっている部分はキック

オーリー(ジャンプ)をするためには、このキックが重要になってきます。

キックが強い(角度が急)デッキの特徴

オーリーが高くなる
オーリーのタイミングが難しい

キックが弱い(角度が緩い)デッキの特徴

オーリーのタイミングがとりやすい
オーリーの高さが出ずらい

キックが弱いデッキ地面との距離が近いので、オーリーのタイミングが取りやすいです。

練習をはじめたばかりなら、キックが弱いデッキを選ぶ方がオーリーしやすいと思います。

コンケーブ

デッキの横の部分の反りをコンケーブと呼びます。

反りが強い コンケーブ強め
反りが弱い コンケーブ弱め

コンケーブはフリップ(板を縦に回転させる)をする時のきっかけに使います。

また、コンケーブの弱いデッキはスタンスを変えやすく、コンケーブが強いとデッキにフィットして足が動きずらいです。

キック、コンケーブは好みになるので、友達のデッキに乗ってみて違いを感てみてください。

デッキの前はどっち?

デッキの前はノーズ
デッキの後ろはテール

形が同じなのでわかりずらいですが、ノーズの方が少し長くなっています。

キックもノーズの方が強めです。

デザインで判断できる板もあります。

デッキは大事にしよう

デッキは木材で出来ています。

7枚ほどの薄い板をプレスし(ギューギュー押す)いい感じのサイズにカットしてデッキは完成します。

なので雨に濡れると水を吸って重くなります。

一気に性能が悪くなるので、雨が降ったらおとなしく撤収しましょう。

台風の時期困るのは農家とスケーター。

お気に入りのデッキを大事にしてください。

まとめ

いろいろ書いてきましたが、私はデザインがカッコいいデッキを買います。

お気に入りデッキだとスケートボードが楽しいという理由です。

お店の2階で商品を販売しています。気軽にご覧ください。

以上カワムラでした~

タイトルとURLをコピーしました