スケボー初心者のみなさんへ 必要な道具まとめ

東京オリンピックでメダルラッシュだったスケートボード。

もしかしたらスケートボードをはじめる人が増えるかもしんないので、最低限そろえたい道具を紹介していきます。

これからスケートボードをはじめる人は参考にしてください。

スポンサーリンク

コンプリートセット

オールインワン

とりあえずスケートボードがあれば遊べます。

デッキ(板)
ウイール(タイヤ)
トラック(金属のグニャグニャするやつ)

があればOK!

この形のスケートボードをコンプリートセットと呼びます。

スケートショップでコンプリートセットください!といい、お金を払えばすぐに遊べるセットです。

そのまま空地へGO!

もう立派なスケーターです。

ただ、全くスケートボードをしたことがないのにコンプリートセットを買ってしまうのは抵抗があるとおもいます。

1度試乗してから買うのをおすすめします。

試乗方法

友達から借りる
先輩からもらう
スケートショップでのせてもらう
スケートパークに行ってみる

試乗方法はこんなかんじです。

BIGCATには貸し出し用のスケートボードがあります

デッキ

スケートボード

一般的なスケートボードです。

オリンピックではこのタイプを使います。

オーリー(ジャンプ)しやすい
スケボーといえばこれ
騒音がうるさい
大会に出るならこれで練習

BIGCATのお客さんも、ほとんどがこのタイプで遊んでます。

ロングスケート

デッキ(板)がデカい
ウイール(タイヤ)もデカい

オーリー(ジャンプ)できない
なまらスピードが出る

サーファーやスノーボーダー、落ち着いた大人のスケーターが愛用します。

クルーザー(ペニーなど)

PENNY(ペニー)が定期的に流行るので、知っている方も多いと思います。

ちなみにPENNYは会社名でクルーザー=PENNYではありません。

スピードが速い
オシャレ
小回りが利く

「マリーゴールド」のPVで、あいみょんさんが乗っていたのがクルーザーです(あいみょんはアメリカンプッシュでした)

電動スケートボード

名探偵のコナン君が乗っているスケボーです。

電動スケボーは原付バイクと同じ扱いになるらしく

自動車登録
自賠責保険加入
車検
ヘルメット

などの規制があるようです。

何かとめんどくさいので、公道では走らない方がいいと思います

サイズの違い

デッキにはサイズ(幅)と長さがあります。

あなたの身長や、遊びたいスケートスタイルで選びます。

初心者は大人用・キッズ用を間違えなければ、サイズをあまり気にしなくても大丈夫です。

まずはサイズから。

7.5~8.25インチから選びましょう。

サイズおすすめの人乗った感想
7.5以下小学生・フリースタイル軽い・ランプでは不安定
7.5~7.75フリップ・ショービットが好きフラットトリックが楽しい
7.8なんでもするスケーターザ・オールラウンド
8~8.25ランプ・ボウルスケーターランプが楽しい
8.25以上デカいボウル・バーチカルめっちゃ安定
個人の感想です

数字がちっちゃくなると板が細くなり、数字がデカくなると板が太くなります。

キッズ(小学生)は7.5より細くてもOKです

迷ったら7.75~8インチを選ぶとバランスがよいです。

長さはあまり気にしません(適当ですいません)大人用、子供用を間違えなければ大丈夫です。

デッキテープ

デッキの足をのせる部分には「デッキテープという滑り止め」をはっつけます。

デッキテープは紙やすりのような材質でシューズを傷つけてしまいます

ただ、デッキテープを張らないと滑りずらいです。

スケーターはシューズを犠牲にして、スケートを楽しんでます。

トラック

トラックは、大きく分けて「HIGH」「LOW」に分かれます

高さの違いは5㎜。間違えて買っても、あまり気になりません。

HIGHの特徴

テールから地面までの距離が長くなるので、高さのあるオーリーができます

ただ、強い力と適切なタイミングでテールを叩く必要があります(テクニカル)

トラックに高さがある分、大きいサイズのウィール(タイヤ)を付けれます。

クイックなターンができ、個人的にはHIGHのトラックが好きです。

LOWの特徴

クイックなオーリーが出来ますが、トラックの高さはHIGHより5㎜ほど低くなります。

オーリーのタイミングは簡単です(HIGHに比べて)

初めて買うならLOWの方が使いやすいと思います。

サイズの目安

トラックにも幅があり、デッキのサイズでトラックのサイズも変わります

詳しくは別の記事に書いています。参考にしてください。

ウイール

スケートボードで使うタイヤをウイールと呼びます

ソフトウィール
ハードウィール

の2種類あり、スピードが全然違います。

ソフトウィールの特徴

スピードが速い
滑っていて気持ちがいい
騒音が静か

ハードウィールの特徴

トリックがしやすい
パワースライドが気持ちいい
路面が悪いと遅い
騒音がうるさい(夜は苦情が来ます)

ウィールサイズの特徴はこんな感じ

ウィールサイズおすすめのスケボー特徴
49㎜~51㎜ストリート用軽い
52㎜~53㎜ザ・オールラウンドバランスが良い
54㎜~55㎜ボウル・ランプ用スピードが速い
55㎜以上ロンスケ・クルーザー用スピードがめっちゃ早い

49㎜~51㎜はフリップ・ショービットなどの回し系のトリックがしやすいサイズ。

初めて買うならバランスがとれた52~53㎜がいいと思います

ロングスケートやクルーザーなら、大きめのウィールを使うと快適に滑れます。

ウイールの固さ

ウィールは数字が小さければ柔らかく、数字が大きければ固くなります

固さおすすめのスケボー特徴
95A以下ロンスケ・クルーザー滑走音が静か
95A~97Aストリート柔らかめ
98A~99Aザ・オールラウンド初めてならこの固さ
100A~101Aキレイなパーク用路面が悪いと滑りずらい

初めて買うなら「99A」という固さをおすすめします。

ベアリング

ウイールの中にはベアリングという丸いのが入っています。

ベアリングによって、スケートボードのスピードが決まるといわれています

定期的に掃除をしているとベアリングは早くなり、掃除をさぼるとベアリングの回りが遅くなる印象です。

買った後もメンテナンスはこまめに行いましょう。

パッケージに書いてある「ABEC(エイベック)」は、ベアリングの回転のしやすさを決める規格。

3・5・7・9があり、9がいちばん早いです。

ABEC規格特徴
ABEC3お値段安い
ABEC5お値段とのバランスが良い
ABEC7早い
ABEC9最速・高級品

ABEC 3 (お値段安い)でも掃除をまめにすると全然乗れます

お財布と相談して買ってください。

ヘルメット

コンクリートの上でこけると痛いです。頭は必ず守りましょう。

スケート用のヘルメットがおすすめですが、ぶっちゃけ頭を守れれば何でもいいです。

同様にヒザ、ヒジ、手首のプロテクターをして滑れば、怪我を未然に防ぐことが期待できます。

運動靴でも滑れますが、オーリーをするならスケート専用のシューズを手に入れたいです(スケシューと呼びます)

オーリー(ジャンプ)をするとデッキテープでシューズが擦れボロボロになります

スケシューなら、デッキテープで擦れる場所があらかじめ補強されています(使い込むとボロボロにはなります)

ガッツリとスケートするなら、専用のシューズを履きましょう。

まとめ

以上、長くなりましたがスケートボードをする時に必要なもの一覧です。

お店にはレンタルスケートがありますので、気軽に遊びに来てください。

以上カワムラでした~

タイトルとURLをコピーしました